咲々225システムトレードの検証

咲々225システムトレードの検証

 

咲々225

 

 

日経225のシステムトレード
咲々225の検証を行っていきます。

 

咲々225は本当に稼げるのか?の検証

 

咲々225は今現在の成績はどうなのか?の検証

 

をご確認ください。

 

 

咲々225は寄り引けトレードではありません。

 

想定したシナリオに合う場合のみ指値や逆指値を使って仕掛けます。
その事で安定した成績を実現しています。

咲々225の2013年の検証結果

咲々225の2013年の検証結果を確認してみましょう

 

咲々225の検証

 

───────────────────────────
 総利益 6400円
 総損失 ‐1970円
 純損益 4430円
 年間PF(プロフィットファクター) 3.25
 年間PR(ペイオフレシオ) 1.92
 年間勝率 62.0%
 最大DD(ドローダウン) 265円
───────────────────────────

 

 

日経225先物ミニ1枚で年間44万3000円

 

日経225先物ミニ10枚(ラージ1枚相当)で年間443万円

 

の利益となります。

咲々225の最大ドローダウン

 

咲々225の
2013年度の最大ドローダウンは265円

 

とても小さなドローダウンです。

 

ミニ1枚で26,500円
ミニ10枚(ラージ1枚相当)で26万円
が最大のリスクになります。

 

 

トレードの最大の恐怖がドローダウンです。

 

毎日サインが出るタイプの寄り引けトレードでは、連敗は日常茶飯事です。

 

昨年はボラティリティが高く、平均値幅が300円弱の時期もありました。
そんな時に寄り引けトレードで5連敗、10連敗したらどうなるか。。

 

破産します。

 

 

咲々225は100円のロスカットが設定されています。
1000円の値幅の日であっても、損失は100円で済みます。

 

咲々225は小さなドローダウンにこだわったシステムトレードと言えます。

咲々225の注文の流れ

 

咲々225の注文は、普段忙しい方でも可能です。
8時30分〜9時30分に3分(慣れれば1分)スマホをいじれる時間と
15時に1分(日によっては不要)スマホをいじれる時間があれば注文できます。

 

 

咲々225の注文の流れは、

 

朝8時30分〜9時半に「ナイトセッション終値」と「気配値又は始値」を確認

 

咲々システムに2つの数字を入れて分析

咲々225注文1

 

 

分析した数値でエントリー(逆指値又は指値)

咲々225注文2

 

 

ロスカットは100円

 

15時に約定中であれば、引成注文

 

大引けで決済

 

 

咲々225の注文の流れはシンプルです。
エントリーが寄り付きではなく、逆指値又は指値の点が
寄り引けトレードと異なる点です。

 

約定しない場合もありえるということですね。
約定した場合は、ロスカットになるか、大引けで決済かのどちらかです。

 

ラリー・ウィリアムズの短期売買法にも
デイトレードは利益が出ているなら、大引けまで引っ張るのがいいと書いていたのを思い出しました。